アンテナ不要のケーブルテレビで地上波・BS・CS・4K放送も。
安定・快適なインターネットや固定電話もウィンディへ

0120-80-6170(9:00〜18:00)

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
お問い合わせ マイページ
Menu
チャンネル・ウィンディ

ふるさと歴史発見!遠州散策

番組内容

第30回「湖西市 応賀寺」

聖武天皇の勅願寺として行基菩薩により開創された真言宗の古刹 応賀寺。仏像や古文書など数多くの寺宝が伝えられ、文化財の宝庫としても知られています。貴重な寺宝を巡りながら、お寺の歴史や伝承を紐解きます。

放送日
10月5日(火)~10月31日(日)
火|7:30/10:10/12:10/15:10/18:10/20:10/23:00
土|10:10
日|10:10/22:15

過去の放送内容

2019年9月 第5回「磐田市にある鎌田神明宮と府八幡宮」

2019年10月 第6回「磐田市見付にある瑞雲山見性寺」

臨済宗妙心寺派の古刹 見性寺。
400年以上の歴史がある山門に掲げられた黄檗宗の祖 隠元禅師揮毫の扁額、中将姫ゆかりの十六羅漢縫箔など寺宝とともに、白波五人男の盗賊 日本左衛門の墓碑など境内の見どころをご紹介します。

2019年11月 第7回「掛川市にある遠江一宮 事任(ことのまま)八幡宮」

創建から1800年とも言われ、平安時代の古典「枕草子」にも記述があるほど長い歴史を持つ鎮守の杜。
「言葉のままに願いが叶う」と信仰があったことから「ことのまま」と称されています。境内にそびえ立つ杉や楠の大木、静かにたたずむ本宮などの見どころをご紹介します。

2019年12月 第8回「湖西市の名刹 常霊山本興寺」

法華宗東海別院として知られる名刹。江戸時代には十万石の格式を与えられ、現在でも塔頭が四院あるほか、境内は諸堂が建ち並び、荘厳な雰囲気を醸し出しています。国指定重要文化財の本堂をはじめ数々の寺宝とともに、見どころをご紹介します。

2020年1月 第9回「森町 遠江国一宮 小國神社」

因幡の白うさぎの伝説で知られるご祭神の大国様ご鎮座から1400年以上の歴史がある小國神社。
国指定重要文化財の十二段舞楽をはじめ、数々の逸話や見どころとともに、2020年から始まる檜皮葺の葺き替え「令和のお屋根替え」についてご紹介します。

2020年2月 第10回「森町 橘谷山 大洞院」

600年以上の歴史がある曹洞宗の古刹 大洞院。森の石松の墓があることで知られるほか、紅葉の名所としても有名です。石松にちなんだ勝ち運や、子宝にご利益があるといわれる不思議な伝説などとともに、風情ある境内をご紹介します。

2020年3月 第11回「浜松市南区 青林山頭陀寺」

飛鳥時代に開創され浜松市内最古と伝えられる真言宗の古刹。国分寺に次ぐ格式のある「定額寺」であったことから、多くの寺宝や物語が残されています。古くからご利益があると評判のご本尊薬師如来をはじめ、豊臣秀吉、徳川家康、井伊直政の三武将ゆかりの逸話をご紹介します。

2020年4月 第12回「浜松市西区 秋葉山舘山寺」

平安時代、弘法大使が開いた古刹。明治の廃仏毀釈で廃寺になったのちに秋葉山信仰によって再興を遂げました。舘山寺が辿った歴史とともに、開創時から伝わる穴大師などのご利益や見どころをご紹介します。

2020年5月 第13回「浜松市中区 五社神社・諏訪神社」

鎌田神明宮は伊勢神宮と深い関わりがあり、古式ゆかしく式年遷宮が行われています。幼児の虫封じに霊験あらたかで、遠方からも参拝者が訪れます。
府八幡宮は、国府(奈良平安期に国司が置かれた中心都市)の八幡宮であることに由来。県指定文化財に指定されている楼門は見応えがあります。

2020年6月 第14回「浜松市天竜区 信康山清瀧寺」

徳川家康の長男である岡崎三郎信康の菩提寺として知られる清瀧寺。
織田信長に謀反の疑いをかけられ、二俣城で非業の死を遂げた信康の物語とともに、幾たびの災禍をまぬかれてきた重厚な山門など境内の見どころをご紹介します。

2020年7月 第15回「浜松市浜北区 万葉の森公園」

日本最古の和歌集である「万葉集」には遠州の和歌が収められるなど、遠州地域には万葉の文化が息づいています。園内の万葉植物や展示資料などに触れながら、遠州と万葉文化の関わりをご紹介します。

2020年8月 第16回「浜松市東区 金原明善記念館」

天竜川の治水・治山や、現在の更生保護制度の原点を作るなど、社会貢献に生涯をささげた浜松の偉人金原明善。築200年を超える生家は記念館となって、貴重な資料が展示されています。明善の大きな功績と共に、“偉人”と呼ばれる由縁をご紹介します。

2020年9月 第17回「浜松市北区 奥山方広寺」

臨済宗方広寺派の大本山である奥山方広寺。
その歴史に触れながら、境内の見どころ、写経や写仏の体験、食の原点に立ち返ることができる季節の精進料理などを通じて、訪れてみたくなる奥山方広寺の魅力をご紹介します。

2020年10月 第18回「浜松市中区 賀茂真淵記念館」

郷土の偉人として後世に語り継がれる浜松生まれの国学者 賀茂真淵。
真淵ゆかりの地にある記念館の展示物などを通じて、真淵の偉大な功績や研究の成果などをご紹介します。

2020年11月 第19回「磐田市 旧赤松家記念館・旧見付学校」

海軍中将男爵赤松則良の邸宅跡で県の文化財に指定されている旧赤松家と、国史跡で日本最古の木造擬洋風校舎の旧見付学校。
日本の近代の幕開けを象徴する磐田市内2つの史跡の建造物や貴重な資料を通じて、文化的な背景をご紹介します。

2020年12月 第20回「湖西市 新居宿」

東海道53宿場のうち、江戸から数えて31番目の宿場である新居宿。
“入り鉄砲と出女”を厳しく取り締まった新居関所をはじめ、宿場に点在する史跡を訪ね、見どころをご紹介します。

2021年1月 第21回「磐田市 鎌田山医王寺」

“遠州の苔寺”とも呼ばれ、山門に至る参道や境内のスギ苔が美しい医王寺。
小堀遠州作と伝わる枯山水の庭園など見どころとともに、徳川家康公ともゆかりのある医王寺の歴史についてご紹介します。

2021年2月 第22回「浜松市北区 光岩山長楽寺」

千二百年前に弘法大師が創建した真言宗の古刹 長楽寺。
山号の由来であり、弘法大師が聖地とした“光る岩”は、今も太陽光を反射しています。
小堀遠州作と伝わる回遊式の庭園をはじめ、風情ある土塀や山門、ご本尊の馬頭観音像など見どころをご紹介します。

2021年3月 第23回「浜松市西区 西湖山龍雲寺」

700年前の時の皇太子であった木寺宮康仁親王によって開かれた臨済宗妙心寺派の古刹。
平安時代作と伝わるご本尊 阿弥陀如来坐像をはじめ、静寂が広がる庭園、そして近年注目された書家の金澤翔子さんによる“世界一大きい般若心経”など見どころをご紹介します。

2021年4月 第24回「掛川市 掛川城 その1~掛川城の歴史~」

“東海の名城”と謳われた掛川城を2ヶ月にわたってお送りします。初回は『掛川城の歴史』と題して、戦国武将たちの覇権争いの中で掛川城がどのような歴史をたどってきたのか、数々のエピソードとともにご紹介します。

2021年5月 第25回「掛川市 掛川城 その2 ~掛川城の文化財~」

今回は『掛川城の文化財』と題して、美しい天守、重要文化財の御殿など掛川城の歴史を今に伝える貴重な文化財についてご紹介します。

2021年6月 第26回「掛川市 大日本報徳社」

二宮金次郎像で知られる二宮尊徳の教え「報徳精神」を今に伝える拠点である大日本報徳社。
敷地内には国指定重要文化財をはじめ数々の文化財があります。報徳の教えと共に、文化財となっている貴重な建造物をご紹介します。

2021年7月 第27回「浜松市北区 松源山実相寺」

金指近藤家とゆかりの深い臨済宗方広寺派の古刹 松源山実相寺。
開山の歴史を紐解くとともに、浜松市文化財に指定されている本堂など江戸時代から残る貴重な建物、
静岡県の名勝に指定されている庭園、地域にまつわる逸話などをご紹介します。

2021年8月 第28回「浜松市中区 浜松八幡宮」

浜松市中心部に位置する緑深い鎮守の杜である浜松八幡宮。
ご神木の「雲立楠」をはじめ徳川家康公とのゆかりや、浜松の名の起源であると伝わる「ざざんざの松」などとともに、千年以上に渡る八幡宮のご由緒をご紹介します。

2021年9月 第29回「浜松市北区 浜名惣社神明宮・初生衣(うぶぎぬ)神社」

古くから伊勢神宮のご神領であった三ヶ日。この地で最も格式が高く、国の重要文化財に指定されている本殿を持つ浜名惣社神明宮と神の衣である「おんぞ」を伊勢神宮に納める初生衣神社を訪ね、その長い歴史を紐解きます。

お問い合わせ